スポンサーサイト

2010.01.10.Sun., auther: スポンサードリンク
category: -, -, -

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本巡り11日目(足花部集落、奄美大島)

2009.10.11.Sun.19:18, auther: TYUIO
category: 日本巡りの, comments(0), trackbacks(0)
 [2009年8月30日 日本巡り11日目(足花部集落、奄美大島)]

昨日の焼酎が抜けない笑。しかし朝は9時に起床。
奄美大島に来た一番の目的のチケットを、まだ手に入れていないのだ。
さっそくネットで情報を探し出し、電話してみる。

「もしもし、村松健のチケットまだ余ってますか?」
「あるよ〜、舞台まで名瀬市街から遠いから、車乗ってくかい?」

そう言って下さったのは、村松健と二人で企画を立てた
写真家の濱田康作さんだった。もちろん乗ります。
名瀬市街までは自転車でいき、そのあと車で移動することに。

  

車の中で、村松健のこと、今から行く足花部集落のこと、色々な話をした。

---------------------

さて、ついにやってきた。

村松健
'うとぅぬうしゃぎむん'vol.6
〜SPIRITUAL PLACE 〜





村松健。奄美大島在住のピアニスト。
1983年にCDをリリースして以来、30枚以上を出している。
その他にもCM、テレビ、ラジオのBGMを手がけ、
天気予報のBGM「flying together」等が有名である。
近年では、アニメ「スケッチブック」で初めてアニメーションのBGMを担当し
それから、「紅」「うみものがたり」と続けて担当している。




村松健の演奏については、ぬれタヲルのブログで書いています。

[うとぅぬうしゃぎむんvol.6]
[序 : 音の捧げもの]
[一部 : "高級なBGM"]
[二部 : My Spiritual Home ]
[アンコール]
[おまけ]

---------------------

[足花部集落]
さて足花部集落に着いた。ライブまで2時間もあるので、集落をぶらぶらすることに。
歩いていると、見つけたのが南洲神社。







南洲神社とは、西郷隆盛を神として祭られている神社である。
西郷隆盛が鹿児島で投身を計り、死なずして奄美大島にたどり着いた。
そして奄美大島で妻と出会い、再び九州に帰ったという。
ここにその南洲神社があるということは、近くに住んでいた家があるのだろう。

また、面白いのが神社のすぐ隣にキリスト教の教会が立っているのだ。
そして二つの建物の間に位置するところが、集落の聖地となっている。



木々のせせらぎが綺麗。


続いて目についたのが七夕の笹。



8月30日が旧暦閏7月7日であることからである。
また、お盆も旧暦9月1日〜4日までとなっているため、里帰りはこの時期になる。

足花部集落は約60人の集落。
2時間で歩きまわるほどの土地の広さではない。
やることがなくなってしまったので、外でギターを弾くことにする。

 

鼻歌まじりで弾いていると、さっそく集落の方々に捕まる笑。
そして捕まればその先はお決まりのパターンだ。
目の前にはアサヒスーパードライ!



  
集落のボス。                      奥さん(ゆた神、シャーマン)


料理を持ってきて下さった母ちゃん。

奄美すごい。いつのまにか目の前には豆腐と、そして今日採れたてのウニが!
しかも贅沢に盛られているではないかー! なんだこれー!
そしてなぜか牛乳も出てきた。

「健康になるっち」

そうそう、ここにきてついに方言で理解不能領域に達しました笑。
ぬれタヲルブログの[おまけ]にも書いていますが、英語より聞き取り不能という。
とりあえずうなずくしかない。しかし、なんでもかんでも
「はい、ほぉ〜、そうですね」と頷いていると大変なことになるのだ。
急に「バカヤロー!オメェ!」と怒鳴られるのだ。
きっととんでもないところで頷いているのだろう笑。



---------------------

村松健の演奏が終わると、[おまけ]に書いてあるように夜中にボスに拉致され、
いつの間にやらボスの家に招待される。そしてもちろん目の前には焼酎だ。
焼酎のほかには、タコ、じゃこ、おにぎり、らっかせい、卵豆腐、などなど。
本当に島の人は来るものを拒まないなあと、しみじみ思いましたね笑。

このようにして今回の旅の目的だった

人の『恩恵』を受ける 

は、存分すぎるほど感じてしまうことになったのだった。


[2009年8月31日 日本巡り12日目へ続く]




スポンサーサイト

2010.01.10.Sun., auther: スポンサードリンク
category: -, -, -
<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://tyuio-et.jugem.jp/trackback/31

TrackBacks